幼少の頃、祖母に連れられてパチンコに行った記憶がある。

小さな穴にパチンコ玉を一個入れてレバーをはじく。

すると玉がカチャカチャと不思議な動きをして落ちてくる。

何発か打ってみるとパッとチューリップが開いた。

ちーん じゃらじゃら。

音を立てて玉が出てきた。

両手を上げて喜んだ。

「お前うまいねぇ」

隣で微笑んでいる祖母は、たちまち箱にいっぱいの玉をためた。

ねだってお菓子と交換してもらった。

​帰り道、紙袋いっぱいのお菓子を抱えて幸せな気持ちになった

こんにちは

社長の増井です

上記した文章

これは私の記憶なんです

浦和の駅前にあった小さなパチンコ店での昔の思い出

パチンコやスロットこんなもんでいいんだと私は思っています

大学の頃もパチンコをしてましたが、もっと遊べていましたね

親の仕送りで遊べたんですから・・・(笑)

矢沢のカセットを玉と交換したりね

最近のパチンコやスロットはお金がかかりすぎです

5万円使って当たりゼロ

こんな調子だから、パチンコ店の店長達もやらなくなってきたんですよ

万札握りしめて、ねじり鉢巻きで時に借金までしてするものじゃない

こう思います

弊社では低価格専門店ということで、ゲームセンター感覚

日用雑貨やお酒、お菓子、食料品も豊富に取り揃えてギャンブルとは

一線を引いています

パチンコの魅力は・・・

いつでも気軽に入店して、いつまでも自由に遊べて、一人にれる

時間が沢山あって、暇つぶしにやったつもりが出ちゃった!

こんなラッキーあっていいのか?

閉店まで打ってていいのかー

あーー幸せ!ってね

 

これかのパチンコとスロット・・・

機械の性能に規制がかかったんです

簡単にいうと、ギャンブル化した台はダメ

もっと健全な娯楽になりなさい。ということ

1回の出玉も減りますが、大当たり確率は当たりやすくなり、今よりも少額で当たりが来るようになるんですね

ちょっと物足りないという方もいるかもしれませんね

でも、本来の姿に近づくことだと考えています

事務所から大当たりが操作できる・・・・?

そう思っている方は意外と多い

でもそうじゃないんですよ(信じてもらえないかなぁ)

パチンコもスロットも1台の機械ごとに基盤と言われている、コンピュータがついているんです

パチンコもこれからは6段階の出玉設定機能がつくんですが、スロットは以前からですがね

これが作る出玉の波でお客様の勝ち負けが決まるんです

この波はパチンコ店側の思い通りにはあまりいかないもので、「出過ぎた」などということはよくある話

またその逆も・・

スロットの設定5や6を入れても出なかった・・ってね

仮に事務所から操作できるのなら、他のお客様の迷惑になる方などには一切出しませんよね

また、善良なお客様なら大負けさせることもしないですよね

2度と来店されなくなってしまうんですから

でも都市伝説的に信じられているんですよね

遠隔操作というもの・・・

そんなもの無いんですけどねー!

​出玉は思い通りにいかないもの・・

上記した通りそんなもんです

いかにも出します的なPRは禁止されています

なぜか?

出るか否かは、はっきり分からないものなんです

私も店長時代に、大きく負けてるお客様に「この台がいいですよ」

と条件のいい台を紹介したことがあります

自分が設定した台ですから出ると思っていたんですが、結果はさらに大負け

とんでも無くご立腹され、2度と来店されませんでした

というわけで、当店では「出ます!出します!」的な煽るようなことはしません